WBSSの井上尚弥選手の初戦の相手ファン・カルロス・パヤノを完全解説!戦績や過去の試合動画などデータ満載!
ケン
このページはWBSSバンタム級トーナメント井上尚弥選手初戦の対戦相手ファン・カルロス・パヤノ選手について解説しています

ファン・カルロス・パヤノ

ニックネーム ベビーパッキャオ
生年月日 1984/4/12
身長 165cm
リーチ 164cm
スタイル サウスポー
戦績 21戦20勝(9KO)1敗
獲得タイトル(王座) WBCラテンアメリカバンタム級、WBAフェデラテンバンタム級、NABA北米バンタム級、WBA世界バンタム級スーパー、IBO世界バンタム級
公式サイト -
国籍 ドミニカ共和国

戦績詳細

アマチュア時代

2003年、パンアメリカン競技大会にフライ級(51kg)で出場するが決勝でユリオルキス・ガンボアに敗退。
2004年、ギリシャのアテネで開催されたアテネオリンピックにフライ級(51kg)で出場するが2回戦で敗退 。
2005年、中華人民共和国の綿陽市で開催された世界選手権にフライ級(51kg)で出場するが準々決勝で敗退。
2007年、パンアメリカン競技大会にフライ級(51kg)で出場するが決勝でマックウィリアムズ・アローヨに敗退。
2008年、中華人民共和国の北京で開催された北京オリンピックにフライ級(51kg)で出場するが2回戦で敗退。
2009年、イタリアのミラノで開催された世界選手権にフライ級(51kg)で出場するが2回戦でアムナット・ルエンロンに敗退した。

プロ時代

2010年8月21日、4回3-0(3者とも40-36)の判定勝ちを収めデビュー戦を勝利で飾った。
2011年12月3日、レシャウン・ブライアーと対戦し、初回2分35秒TKO勝ちを収めた。
2012年3月2日、ホセ・シルベイラとWBCラテンアメリカバンタム級王座決定戦を行い、10回3-0(3者とも100-90)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。
2012年5月18日、ルイス・マルドナドとWBAフェデラテンバンタム級王座決定戦を行い、10回3-0(99-89、2者が100-88)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。
2012年7月21日、ジョン・アルベルト・モリーナとNABA北米バンタム級王座決定戦を行い、9回2分2秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。
2012年11月30日、ホセ・ルイス・アバインザと対戦し、10回3-0(97-92、2者が98-91)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。
2013年6月14日、ジュンディ・マラオンとWBA世界バンタム級挑戦者決定戦を行い、7回39秒KO勝ちを収め指名挑戦権を獲得した。
2014年7月23日、WBA世界バンタム級スーパー王者アンセルモ・モレノとの指名試合は同年8月8日にペンシルベニア州ピッツバーグのコンソル・エナジー・センターで行う予定だったのだが、モレノがアメリカ入国ビザを取得出来なかった為延期となり、同年9月26日にテキサス州メスキートで行われることが決まった。
2014年9月26日、テキサス州メスキートのメスキート・アリーナでWBA世界バンタム級スーパー王者アンセルモ・モレノと対戦し、2回にバッティングでパヤノが左目上を深くカットしてしまい、その傷が原因で7回開始前にドクターストップがかかり6回3-0(59-55、2者が58-56)の負傷判定勝ちを収め悲願の王座獲得に成功した。
2014年10月10日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のモレノ戦での勝利によりパヤノはWBA世界バンタム級スーパー王者としてランクインした。
2015年8月2日、フロリダ州ウィンターパークのフルセイル大学でIBO世界バンタム級王座決定戦とパヤノの防衛戦をWBA世界バンタム級9位のルーシー・ウォーレンと対戦し、オリンピアンらしからぬ反則連発で12回2-1(2者が113-111、109-115)の判定勝ちを収めWBAスーパー王座の初防衛とIBO王座獲得に成功し荒れた試合を制した。
2016年6月18日、イリノイ州シカゴのUICパビリオンでWBA世界バンタム級9位のルーシー・ウォーレンと対戦し、10ヵ月ぶりとなる再戦で12回0-2(2者が113-115、114-114)の判定負けを喫しWBAスーパー王座の2度目、IBO王座の初防衛に失敗しWBAスーパー王座、IBO王座から陥落した。

ピックアップYouTube動画

2013年6月14日 KO勝ち ファン・カルロス・パヤノ VS ジュンディ・マラオン

2015年8月2日 判定勝ち ファン・カルロス・パヤノ VS ルーシー・ウォーレン

2016年6月18日 判定負け ファン・カルロス・パヤノ VS ルーシー・ウォーレン

2017年1月13日 TKO勝ち ファン・カルロス・パヤノ VS Isao Gonzalo Carranza

トーナメント予想

能力は高いがダーティーなボクシングも仕掛けてくることがあり、井上尚弥選手がこれをどういなすか?ジャブで距離を取り、自分の距離で戦いたがるボクサーなので、距離の取り方や攻撃力が上回る井上選手の相手ではないと予想されます。

ケン
ぼくは井上選手の2分KO勝ちを予想します!

おすすめブックメーカー

今回のWBSSはほとんどのブックメーカーで賭ける事ができますが、当サイトのおすすめはネットベットカジノチェリーカジノです。どちらもクレジットカードデビットカードで入金が可能ですし、出金はヴィーナスポイントで素早く賞金を引き出せます。

チェリーカジノは運営企業が上場しているという安心感がある反面、上場企業らしいギチギチのルールに縛られているため、入金・出金の金額が低く設定されています。チェリーカジノ「ブックメーカーで使える初回入金ボーナス」が人気です。

ネットベットカジノはブックメーカーとしての知名度、信頼性、安心感など全て揃っていてオススメですが、入金・出金の金額に上限がないので、自己管理できる方にオススメしています。さらにネットベットカジノなら「お友達紹介ボーナス」もあるので、お友達と一緒に楽しみたい方には特にオススメですよ!

ネットベットカジノ関連記事

チェリーカジノ関連記事

WBSSの井上尚弥選手の初戦の相手ファン・カルロス・パヤノを完全解説!戦績や過去の試合動画などデータ満載!
5 (100%) 109 vote[s]
登録者全員がもらえる!$30キャンペーン
母国スウェーデンの株式市場に上場している老舗オンラインカジノ・ブックメーカーのチェリーカジノでは、当サイトCASINO 777 JAPANから登録した方「全員に」無料でもらえる30ドルボーナスキャンペーンを実施しています。もらい方は「ボーナスのもらい方!」ボタンからどうぞ♪

CASINO777JAPANを
FBでフォロー!

最新情報をお届けします

今月の注目記事