スロット GOGOジャグラーでVモンキー 投稿者「しみしみ」

奇跡は突然やってくる。それがGOGOジャグラー

私は某有名チェーン店の旧イベント日を狙い、朝の抽選を受けた。狙いは新台やメイン機種であったが、抽選番号300番台後半と抽選に負けてしまった。

しぶしぶAタイプを狙いにいったが、Myジャグラーシリーズはほぼ全埋まりであり、空いている台のなかで前日一番出ていなかった台に座ろうと思い、角のGOGOジャグラーにたどり着いた。

ただでさえ設定看破の難しいGOGOジャグラーであるため、多少の不安はあったが、周りの台や自身の台もガックンを確認できたため、設定が上げられていることを願い、回しはじめた。

朝イチ3000円でREGを引き、その後も100ゲーム以内の当たりが4連(BIG1のREG3)と幸先の良いスタートであった。

しかしそこから2000ゲーム近く+300枚前後をもみもみする展開が続いた。

気がつくと、BIG4のREG11と絶望的にBIGが引けない状況となっていた。だがREGがついていることと合算もまだまだ分からないこと、GOGOジャグラーの島自体も状況がよいことをを加味し、粘ることにした。

過去に数千ゲームプラマイゼロでもみもみした後に、何千枚出ているGOGOジャグラーの台の履歴などを何度も目にしていたので、この時点ではかなり期待していた。

しかし午後に入ると状況は一変してくる。相変わらずREG確率は200分の1以下をキープしていたが、BIG確率が400分の1近くと、かなり絶望的な状況となっていた。

しかし相変わらず自分以外のGOGOジャグラーの挙動はかなり良く、BIG確率とREG確率がほぼ1対1で、合算が120分の1以下の台があるなど、GOGOジャグラーの島はお祭状態であった。

夕方に入るとREG確率が約150分の1、BIG確率は相変わらず350分の1近くと合算も良くなく、どうしようもない状況となっていた。

既に投資は2000枚を超えており、「どうせならGOGOジャグラーにちなみ2500枚を使ってやろう」と思い、サンドに1万円札を入れようとしたときに、プレミアムの無音リール始動によりBIGを引いた。

奇跡のはじまりであった。

そこからは怒涛のBIG連が続き、途中にREGを1回挟んでまたBIG連。それが200ゲーム以内にくることが続き、気づいた時にはプラマイゼロにまできていた。本来ならそこでやめていたが、どうせなら閉店まで打ち切ろうと思い回し続けることにした。

勢いは衰えることなく、最終的にはBIGとREGほぼ1対1の合算108分の1、+2000枚以上で終了と、奇跡のVモンキーを決めて終了した。ジャグラーのなかでもGOGOジャグラーは、本当にどうなるか分からない台であるということを、身をもって知ることができた。

しかしやはりこのようなことがあるから、スロットはやめられないなと改めて思ってしまった。

 

ケン
ひっひっひ笑 わかります!オンカジスロットはそれがスコーンッ!と100万単位とか下手したら億になる可能性があるのがやめられない原因です。まあぼくはまだ100万単位は経験してませんけどね。せいぜい40万です
Rate this post
登録者全員がもらえる!$30キャンペーン
母国スウェーデンの株式市場に上場している老舗オンラインカジノ・ブックメーカーのチェリーカジノでは、当サイトCASINO 777 JAPANから登録した方「全員に」無料でもらえる30ドルボーナスキャンペーンを実施しています。もらい方は「ボーナスのもらい方!」ボタンからどうぞ♪

CASINO777JAPANを
FBでフォロー!

最新情報をお届けします

今月の注目記事