NetBetカジノ特集

ビットコインとは「サトシ ナカモト」と名乗る個人・団体が2008年に論文を発表し、2009年から利用が開始されたインターネット上で発行・記録される世界初の仮想通貨(デジタル通貨)です。

仮想通貨(デジタル通貨)とは?

仮想通貨は各国の中央銀行(日本は日本銀行)が発行する紙や金属のお金とは違い、インターネット上で発行されるもので、日本円を発行する日本銀行のような管理者がいないことがポイントです。

一般的な通貨と仮想通貨の違い

各国の中央銀行が発行している円やドル、ユーロと仮想通貨にはいくつかの違いがあります。

 

管理者の違い

みなさんが持っている日本円やドル、ユーロなどは中央銀行が管理しているので、中央銀行が決定した政策によって価値が変動することがあります。これを中央集権制といいます。

 

 

 

これに対してビットコインなどの仮想通貨は決められた管理者がいません。特定の法則(マイニング)によってインターネット上で生み出され、生み出された仮想通貨は『取引に関わっている全ての個人』が管理に関わっているということになります。

 

 

手数料の違い

一般的な通貨は中央集権制で発行・流通しているため、取引の間に多くのシステムや労働者が存在します。その分コストが上がり手数料も高くなる傾向にあります。

仮想通貨は取引参加者全員で平等に管理するため、中央集権制よりもコストがかからず、その結果取引手数料も安くなります。

 

物理的な違い

一般的な通貨はお札や硬貨という形があり、手で触ることができるものです。しかし仮想通貨は全てがデジタルで記録されているので形はありませんし、もちろん手で触ることができません。ビットコインのロゴマークがありますがあれはイメージで、実物のビットコインがあのような形をしているわけではありません。

 

お札や硬貨はお財布に入れて管理しますが、ビットコインなど仮想通貨は『ウォレット』と呼ばれるデジタルのお財布で管理します。

仮想通貨のウォレット

仮想通貨を保管しておくためには『ウォレット』と呼ばれるデジタルのお財布が必要になるのですが、このウォレットは仮想通貨取引所で手に入れることができます。

 

仮想通貨取引所

取引所とは株や為替のように商品を取引する場で、仮想通貨にも同じく取引所が存在します。代表的なものに世界最大の仮想通貨取引所「バイナンス」などがあり、ビットコインやイーサリアムなど複数の仮想通貨を取引・保管できるようになっています。このような取引所でウォレットを手に入れることで、仮想通貨の取引に参加できるようになっています。

画像クリックでバイナンスTOPページへ

 

ウォレットを作成するには本人確認が必要

取引所でウォレットを作成して仮想通貨の取引を始めるには、本人確認が必要です。銀行で口座を開設するときにも免許証やマイナンバーカードを提出しますよね?あれと同じで仮想通貨も身分証明書を提出する必要があります。

オタク
本人確認はテロや犯罪のマネーロンダリング防止を目的として行われています。

 

仮想通貨の安全性

一般的なお金は各国の中央銀行が発行しています。そのためにその国の経済が破綻し、信頼が無くなれば通貨としての価値がなくなることがあります。

 

ビットコインは金(ゴールド)に似ている

各国の中央銀行が発行する通貨は、その国の信用が裏付けとなっているために価値を保っています。そのために通貨を発行する国の政策によっては、お金を大量に発行してしまい、お金が有り余る状況になる場合があります。それがインフレーションと呼ばれるものです。

ビットコインは発行される枚数が最大で2100万枚と決められています。これは金(ゴールド)の埋蔵量に限界があるのと同じです。地球に存在する金(ゴールド)は埋蔵量に限界があると言われています。金は資源に限りがあるから価値を失わないんですね。

 

ウォレットの安全性

現金を入れておくお財布は、落として見つからなければあきらめるしかないですよね?仮想通貨もそれと同じで、アクセスするための情報を忘れてしまうと諦めるしかありません。
しかし取引所を経由して開設した『ウォレット』は、取引所へのログイン情報をしっかりと管理していれば問題ありません。仮想通貨の取引所は私たちのウォレットを管理しているので、ログイン情報を忘れてしまっても本人確認ができれば復旧可能です。

また取引所がハッキングにあった場合はよほど弱小の取引所でない限り、投資家の資金は補償されることが多いです。

しかし基本はコールドウォレットで管理しましょう。

 

取引所の安全性

2014年に日本の仮想通貨取引所であるマウントゴックスが破綻しました。その結果、債権者はビットコインを円やドルなどの通貨に替えることができなくなってしまいました。
原因は、当時マウントゴックスの経営者だったマルク・カルプレスCEOが顧客のビットコインを盗んだためとされています。その後、マルク・カルプレスCEOは逮捕・起訴されています。

過去の事件を教訓として、現在では各取引所でコンプライアンスの徹底がされていますので、マウントゴックス事件のようなことは起こらないでしょう。

特に世界最大の仮想通貨取引所である「バイナンス」では、セキュリティ管理がしっかりとされているので安心です。

仮想通貨はどこで使えるの?

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、現在日本の至る所で決済手段として使用できます。例えば大手家電量販店のビックカメラや、メガネチェーン店のメガネスーパーなどがあります。その他にもビットコイン決済対応というお店はたくさんあり、今後も増えていくでしょう。

 

オンラインカジノ・ブックメーカー

オンラインカジノやブックメーカーでも仮想通貨が利用可能です。代表的なところではベラジョンカジノがあり、ビットコインで入金・出金ができます。

仮想通貨の取引所でオススメは?

オススメの取引所は世界最大の仮想通貨取引所である「バイナンス」です。TOPページ右上のGoogle翻訳ボタンから日本語サイトへと変換可能で、世界一の仮想通貨取引所なのでセキュリティも万全です。

画像クリックでバイナンスTOPページへ

 

ビットコイン完全解説!-仮想通貨でカジノに入金・出金オススメの仮想通貨取引所は世界最大のバイナンス
5 (100%) 107 votes

CASINO777JAPANを
FBでフォロー!

最新情報をお届けします